LifeBox

被災すると何がおきるのか。
皆さんには想像できますか?

当然、まずは「死なない事」が重要ですが、全ての災害から身を守る事は
難しいというのも事実です。運良く避難する事が出来ても、着の身着のまま
逃げて来たので何も持っていない。家族とはなれていて連絡が取れずに不安。
食料や衣料品の確保も出来ず、ある日突然大勢の避難した方々との避難生活が
始まるのです。

東京駅の様子をテレビでご覧になった方も多いと思います。
駅は帰れない人であふれ帰り、道路は動かない車で埋め尽くされました。
電話は通じず、インターネット経由でメールやtwitterなどで連絡を取り合いましたが、
インターネットが使えない方達への連絡ができず、とても不安な気持ちになった方も
多かったはず。
直後にはコンビニやスーパーから食べ物や日用品がなくなりました。
備蓄していなかった方々はその調達に苦労し、関東より西側に住む家族や
親戚、ご友人などから物資を送ってもらった方もいたようです。

あの日、昨日まで確かにあった便利さや、家族と当たり前に過ごせる日常は
一瞬にして奪われてしまう事をこれでもか、というほど思い知らされたのです。

あなたは大切な人を守れますか?

ここで質問です。
「あなたの大切な人は誰ですか?」
一人でも構いません。複数でも構いません。あなたの頭に思い浮かべて下さい。

ではもうひとつ。
「あなたは震災が起こった時、その大切な人を守れますか?」
どうでしょう。何と回答するでしょうか?「はい、守れます。」と迷わずに
言える方はきっと少ないはずです。

「大切な人を心から大事にしたい」と思っている皆さんに、
完璧ではないけれど、少しだけ相手を守る事が出来るアイテムとして
私たちはこのLifeBoxを提案したいのです。

LifeBoxはお洒落に美味しく、
少しだけ大切な人を守る
お手伝いが出来ます。

LifeBoxは、なかなか持ち歩く事の無い非常食にフォーカスし、
大切な人へのメッセージを添えてに贈り合う、「美味しくてオシャレな
持ち歩く非常食」を作って広めよう!というプロダクトです。

LifeBoxが無理せず、皆さんに毎日使ってもらえる3つの理由をご紹介します。

LifeBoxの3つのこだわり

1.「普段使いができるもの」にこだわりました。

美味しい食べものなら、普段からもちろん食べたいと思うもの。
その視点から、LifeBoxは非常食でありながら非常食を選びませんでした。
今回採用したのはグラノーラ。LifeBoxは急場をしのぐ為の
非常食ですから、それなりに食べ応えがあって、かつ栄養も採れる。
グラノーラはピッタリの食品でした。

2.非常食だけど食べたくなったら食べていい。

非常食は緊急時に食べるもの。確かにそうです。でもLifeBoxに
限ってはそうではありません。食べたくなったら食べたい時に食べて下さい。
でも無くなってしまうのでは?はい、無くなったら補充すればいいのです。
鞄や家に予備のグラノーラをストックしていれば、いつでも食べていい
非常食が常備できます。もちろん、このプロジェクトがサクセスした際には、
最高に美味しい詰め替え用のグラノーラを販売予定です。食べてもいい非常食
生活をぜひスタートさせてみて下さい。

3.手紙に想いや必要な情報を書いておける。

今回のプロダクトの大きな特徴は「大切な人の事を想う気持ち」が
込められている事です。ケースの内側に、「小さな手紙」を書いて
貼付けておく事ができるのです。こちらは少し詳しくご紹介します。

手紙には必要なコトを沢山書きましょう。

「あの時もっとやさしい言葉をかけてあげれば良かった」など、被災地に足を運ぶとそういった後悔の言葉を耳にする事があります。
本当に悔やんでいらっしゃるのだと思います。このLifeBoxの手紙には、ぜひ被災した時に届けたいメッセージを書いて下さい。
「必ず生きて会おう!」「パパがついてる。諦めるな!」その言葉がグラノーラと一緒にその方の素晴らしい栄養になるはずです。

LifeBoxの手紙はそれだけではありません。電話番号や集合場所。伝言ダイアルの使い方など、被災してしまった直後、
家族や大切な人と繋がる為に必要な情報が書き込めるようになっています。
これを家族やカップルで送り合う、またご自分で持つ事で、被災時に色々と迷う事無く適切な行動をとることができるのです。

LifeBoxに入れる手紙。いろんなバージョンがあります。

LifeBoxには一般的な情報が書き込める手紙がついてきますが、もっと個性を出したい!
という方むけにいろんなバージョンをご用意いたしました。自分用だったり、親子だったり、はたまた告白用なんていうのも・・・。
気になるものをクリックして印刷紙、切り貼りしてご使用下さい。普段のおさいふに入れて持ち歩いてもOKです!

家族でも。一人でも。遠距離中のカップルでも。

みんなの手紙。

一緒にLifeboxを作っている仲間たち

黒川 祐介
未来輪業代表のプロダクトデザイナーです。
乗り物のデザインが専門で乗用型ロボット
の開発を企てています。
http://www.mirai-ringyou.com/
戸谷大地
名古屋のメーカーであるビートソニックにて、
照明ブランド「Only One」や照明WEBマガジン
を運営中。大手メーカーでは作らない「光に
こだわる人ための電球」を目指し企画したLED
照明「Siphon」は多くの支持を得て、クラウド
ファンディングにて1,400万円を超える支援が
集まった。
http://www.beatsonic.co.jp/
武藤 弘明
異業種をかけ合せて新しい市場を創る
「ソーホー・ジャパン」勤務。
「このまちシネマ」というサイトを
たちあげ「まち」に焦点をあてた映像も
制作しています。
http://www.soho-japan.co.jp/
http://konomachicinema.web.fc2.com/
岡本 出
「Have A Nice Day」=「良い一日を」の略
からHANDは名付けられました。 日々を豊か
にすることを心がけ、ひとつひとつのグッズ
を企画・制作しています。
http://hand-cc.com
http://instagram.com/hand_haveaniceday_
岡本 ナオト
ボウサイをもっとおしゃれにかっこ
よくして、日常に取り入れて欲しい!
ボウサイをデザインするyamory代表。
http://rpro4dp.com
ボブ(林優介)
寝ても覚めても頭の中はいつもモノ作り。
レザーを中心にファブリック、ウッドを使用
したオーダーメイドプロダクツを製作してい
ます。